HOME>記事一覧>様々な場所、様々な場面で利用可能な電子看板

目次

電子看板の概要

数年ほど前から普及率が上がっているデジタルサイネージは電子タイプの看板とも呼ばれており、今では様々な企業やお店が活用しています。テナントがたくさん入っているビルや、大型ショッピングモールなどで見かけたことがある方もたくさんいるでしょう。デジタルサイネージの最大の特徴は大きな画面の液晶にデータの送信ができることなので、案内や広告の差し替えに最適です。又、タイプによっては動画を再生することも可能になっていて、小型化も進んでいるので用途が増えてきています。元々屋外ように作られていましたが、小さなタイプであれば屋内で利用することもでき、年々クオリティが上がってきているようです。

申し込みについて

現在、デジタルサイネージのサービスを提供している企業はたくさんあり、レンタルするのが一般的とされています。新しいタイプがどんどん出てくるので、本体を購入するよりレンタルサービスを選んだ方が有効に活用できるでしょう。申し込みは電話やWEB上から行えるようになっていますが、月々の契約プランやレンタル料、デジタルサイネージに備えてある機能が違ってきます。まずは数社の比較を行い、実際に利用されている方の口コミも合わせてチェックした上で選ぶようにしましょう。

広告募集中